FC2ブログ

シロマのテーマ / チョコボの不思議なダンジョン2



チョコボの不思議なダンジョン2より「シロマのテーマ」です。

シロマの家で流れるこの曲は、特に印象に残っている曲でした。
部屋のカーテンがヒラヒラしているのも、爽やかな空気感を感じられて地味にいいんですよね。

ピアノだとメロディーを原曲より1オクターブ上げるほうが綺麗に聴こえると思ったので、
1週目を1オクターブ上、2週目を原曲の高さにしてアレンジしました。
後半のオーボエ?の副旋律的な部分もなるべく入れるようにしました。
楽譜は・・・気が向いたら作るか、作らないか分かりません。気分です^_^;

"β"4 / サガフロンティア2



サガフロンティア2より「"β"4」です。

この曲は2016~2018年の更新が滞っていた間に一度練習していたのですが、
録音レベルまでいかずに忘れてしまっていました。

で、先日「そういえばこれ練習してたな」と思い出して再度練習。
部分ごとに収録というやり方で制作しました。
部分ごとというのは4小節とか8小節の一フレーズごとのことで、一応全部弾いています。
繰り返しだからといって前半部分をコピペしたりはしていません^^;
少しでも変化をつけるためにもコピペはしたくないかなと思います。

収録後にベロシティ調整をするのですが、後半のフォルテ部分は苦労しました。
思った感じにならないんですよね。
CDのお手本演奏のような強弱感を付けたかったのですが、うまくいかない・・・
お手本演奏に比べて全体的にのっぺりしてるような気もするし、あまり納得のいく出来にはなりませんでした。
(ベロシティ調整というとりも、自分の演奏の仕方かも)

エアリスのテーマ / FINAL FANTASY VII



ファイナルファンタジー7ピアノコレクションズより「エアリスのテーマ」です!

とてもいい曲、いいアレンジです。
後半の3連符が入ってくるところから盛り上がり部分が効きどころでもあり、演奏難易度が上がる部分でもあります。

電子ピアノで演奏したものをPCにもってきて、QLPianosで鳴らしています。
そのMIDIデータをMAMPlayerで再生したものをキャプチャーして動画編集で音声と合わせました。
始めは静止画でいいかなと思ってましたが、やっぱり動きのある方が見ていて楽しいですよね。

ブログも2年ぶり。
もっと曲を残していきたいのですが、練習量も減っていて全然です。
そこでやり方を変えようと考えています。
従来の、曲を最初から最後まで練習して仕上げてから録音するのではなく、曲を部分的に練習してリアルタイム入力でMIDIデータ化しながら少しずつ完成させていく、というやり方にしてみます。

修正もしちゃうと思うので、「弾いてみた」からただの「音楽制作」になってしまいます。
が、それでもいいんです。
頭の中にある曲のイメージをピアノの音で表現することが目的です。
自分だったらこんな風に演奏したいな、っていうのを。
今の自分には、曲を全部練習して仕上げて録音っていうやり方は時間がかかりすぎて、やる気にも影響してしまいます。
なので、まあそれでどの程度制作スピードが変わるか分かりませんが、やってみます。

エンジュシティ / ポケットモンスター金・銀



ポケモン金銀より「エンジュシティ」です。
楽譜はNinSheetMusic様より使用させていただきました。
落ち着いていて金銀の中でもとても好きな曲です。
この曲を聞くためにそらをとぶでエンジュシティを訪れていました。

アレンジ的には易しめのアレンジで、練習時間はたぶん4時間程度。
譜読みとか速い人はすぐ弾けちゃうんでしょうねきっと。
後半より前半のほうが難しいです。

Amiss Abyss(しんぴの深海) / ドンキーコングトロピカルフリーズ



WiiUのドンキーコングトロピカルフリーズより「Amiss Abyss(しんぴの深海)」をアレンジしました。
リクエスト募集でいただいた曲です。

トロピカルフリーズではあのデビッドワイズ氏が約8年ぶりに再びコンポーザーとして参加してるそうですね!
もうそれだけでこのゲームをプレイしたくなります。
が、WiiU持ってないのでYouTubeでプレイ動画を見て楽しんでます。
いつの間にかゲームをプレイするよりも、プレイしてるのを見る方が好きになってるんですよね。何でなんでしょう。

この曲の作曲者がワイズ氏だとはっきり明記されてるのを見てませんが、この感じ・・・確実にワイズ氏ですよね。
きれいな曲で気に入りました。
ピアノアレンジするにあたって雰囲気重視で、左手は少し広いアルペジオをメインにしました。
動画では56小節目のメロディーのリズム少し間違って弾いてしまってますが、楽譜が正しいです。
ホームページに上げてる音源は修正してあります。
こういう場合はMIDIデータだと便利ですね。生録音だと撮り直さないといけないので・・・

しかしまあ相変わらずQLPianosはベロシティの作りが残念すぎます。
ベロシティが1変わるだけで急に鋭い音色になったりするので調整が難しいです。
pとffは出るけど、fが出しにくいみたいな感じで、強弱が付けにくいので全体的にのっぺりした感じになりがち。
この音源を使いこなすにはまだかかりそうです(^^;

【原曲】
ブログ内検索
カテゴリ
カウンター
最新コメント
リンク
プロフィール

shima

Author:shima
【ピアノ歴】2004年~
【使用ピアノ】Roland DP90e、Quantum Leap Pianos(ピアノ音源)、YAMAHA P-140(今は使用していません)
【各マイページ】
Kossori Piano(ホームページ)
YouTube
ニコニコ動画
同人音楽の森
Twitter

【リンクについて】
当ブログはリンクフリーです。

【ブログのRSS】
RSS RSS

Twitter
このページのトップへ