スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W.A.R.A. / オリジナル

W.A.R.A by ShimaFox

前回はCubaseの基本的な使い方を知って慣れるために制作しましたが、
Cubaseには色々とおもしろい機能が搭載されてるってことで、その機能の使い方を知るためにも今回はこの曲を作りました。
音はすべて標準搭載されてるものです。

いつも曲名をどうしようか悩むんですが、ボーカルの「ファーラー」が「ワーラー」に聞こえたので、じゃあ「ワーラー」→「ワラ」→「W.A.R.A」でいいや、みたいなつけ方です(テキトウ)

今回使ってみた主な機能は
・サイドチェインコンプ
ベースなどを「ウヮンウヮン」とキックの音に合わせる感じで音量変化させるコンプのかけかたです。
これかっこいいから前からやってみたかったんですよね。ストリングスやギターにも少しかけてます。
やり方は、「ウヮンウヮン」させたいトラックのインサートエフェクトにコンプレッサーを読み込む。
コンプ編集画面の上、プリセット読み込みのすぐ左に「Said-Chainを有効化」というボタンがあるのでクリックしてONにする。
キックなどのトリガーにしたいトラックのセンドエフェクトに読み込むことが出来るようになるので読み込む。
あとはセンド量などを調整したりしたら完成。

・オートメーションの書き込み
これはボリュームやかけてるエフェクトの色々なパラメーターを書き込むことが出来る機能です。
フィルターを徐々にかけていったりするとテクノなどでよく聞く音の変化を作ることが出来ます。
トラックウインドウのそれぞれのトラックのミュートボタンの左、MIDIトラックなのかインストゥルメントトラックなのかが分かるアイコンの下の方にマウスを合わせると、「オートメーションを表示」という小さい矢印ボタンが出て、オートメーショントラックを表示出来るんですね。
最初気づかなくて色々探してました。ヘルプでオートメーションで検索しても出てこなかったし・・・

・ボーカルのピッチ編集とハーモニー作成
ボーカルのオーディオファイルは付属のループにあったやつです。
ピッチをMIDIのように編集出来るのですごく便利。
同じボーカルを別トラックにコピーしてピッチ変えればハーモニーを作成できますね。
今回はセンターに中心となるボーカル、左右に1トラックずつハーモニー用ボーカルを作ってます。

・Loop Mash
ドラムループなどのオーディオ素材を読み込むと、自動的にスライスしてまぜまぜしながら(?)いい感じに再生してくれるインストゥルメント。
スクラッチやリバースなどの効果をMIDIデータで簡単に操作することが出来るので、今回はそれで遊んでみました。
これおもしろいな~。

・MIDIエフェクト「Arpache SX」
MIDIトラックにかけるエフェクトで、コードを自動的にアルペジオにして再生してくれます。
今回のアルペジオになってるシンセがそれで、MIDIデータ的に見るとコードを鳴らしてるだけです。

ギターアンプシミュレーターも使ってギターを入れてみました。
ギターの打ち込み苦手なんですよね、ギターのこと分からないので・・・とりあえずネットで調べたりしてます。
今回はパワーコードを使ってみて、あとは音域に気をつけました。

あとはコンプレッサーの使い方がいまいち分かってません。
音を圧縮するものだというのは分かるんですが、かけても効果がいまいち分からないのでどの程度かけるのかなど難しい。
試行錯誤して覚えるしかないんかなー。

SoundCloudにアップしたけど、ここは若干音質下がるんかな?そんな気がする。
ブログ内検索
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
プロフィール

shima

Author:shima
【ピアノ歴】2004年~
【使用ピアノ】YAMAHA P-140
【各マイページ】
Kossori Piano(ホームページ)
YouTube
ニコニコ動画
同人音楽の森
Twitter
Last.fm
MySpace

【リンクについて】
当ブログはリンクフリーです。

【ブログのRSS】
RSS RSS

いろいろ試してみる


blogram投票ボタン
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。